第2話「アメフト・格闘技・オリンピック」世界に挑戦し続ける熱い男の物語

アメフトにハマってからは、一般的な体育会系高校生とは比較にならないほど鍛えまくった

プロフィール
和久憲三 わく・けんぞう
本場アメリカでプロフットボール選手として活躍。努力は人をけっして裏切らない。1985年生まれ。幼少期から身体能力に優れる。少年野球を経験したのちに、高校からアメリカンフットボールを開始。
大学卒業後、一旦は一般企業に勤めるも夢をあきらめきれず、NFLに挑戦すべく本場アメリカへ単身乗り込む。アメリカ中を一人で旅しながら、様々な州でフットボールチームのトライアウトに挑み続け、翌年に二部リーグのとあるチームに入団。フットボールの本拠地でプレーする、という一つの夢を叶える。
その後、ボブスレーや総合格闘技など様々なスポーツを経験しながらフットボールを続け、現在は母校でコーチとして教鞭を取っている。その豊富な実戦経験を元に後輩の育成に精を出す。
男日本一
あれ?アメフトはまりませんでした?
和久憲三(わくけんぞう)
なんていうか、思ってたイメージと違ったんですよね。クォーターバックという、アメフトの花形的なポジションをやってみろと言われたんですよ。僕がそれまで所属していた野球部の監督と、アメフト部の監督が仲がよくって。僕の肩が強かったのと、足が速かったのを見てくれてたからなんですけどね。で、ボールを投げて走る、というクォーターバックを奨められた、と。でもこれがけっこう繊細なポジションで(笑)。身体と体でガーッとぶつかるようなポジションじゃなかったんですよ。相手の動きを読んで、計算してパスして……みたいな。毎日先輩に作戦のこととか、陣形のことを質問してばっかりでした。で、毎日テストっぽいことをさせられて、覚えていなかったらその分走らされて(笑)。
男日本一
確かに、アメフトって戦術とかもすごく大切なんですよね。
和久憲三(わくけんぞう)
でも僕はぶつかり合う、ってのがやりたかったんですよね。で、高校のアメフト部って人数も少ないんで、他のポジションと兼任する必要があって。で、ディフェンス側の、いわゆる最前列で敵とぶつかり合うポジションに行ったんです。
男日本一
繊細なポジションから、一気に当たりの強いポジションへ(笑)。
和久憲三(わくけんぞう)
はい、力士バリに身体ごと突っ込んでいきますからね(笑)。これはとてもシンプルで、こっちが自分には向いてるな、と思いました。だからトレーニングもがぜん楽しくなったし、やるからにはこのポジションを極めてやろう、と決めました。

このコンテンツはユーザー登録された方に限定されています。登録済であれば、ログインしてください。まだ登録されていないかたは新規ユーザー登録をしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
男性
女性
その他
 躯体職(鳶、大工、鉄筋、鍛冶等)
 仕上職(内装、塗装、防水等)
 土木職(土木関連全般)
 設備職(電気、空調、衛生等)
 管理職(現場管理等)
 その他(警備、ドライバー等)
 上記外(他業界の方もウェルカム)
喫煙する
喫煙しない
飲酒する
飲酒しない
 パチンコ・スロット
 競馬
 競輪・競艇
 スマホゲーム
 クルマ・バイク
 その他
広告 (YouTube等)
チラシ
口コミ
その他
*必須項目