第1話 貧乏だった少年時代、野球があったから希望を持てた!!

プロフィール

【野球バカ日本一 パンチ佐藤】

パンチ佐藤(54歳)
1964年12月3日、神奈川県川崎市。本名、佐藤和弘。川崎市立川崎市立西中原中学校、武相高等学校を経て、亜細亜大学経済学部卒業。
同大学野球部で東都大学リーグ通算86試合出場、274打数82安打、打率2割9分9厘、5本塁打、42打点をあげ、ベストナインに3回選ばれる。1987年に熊谷組入社、1988年に都市対抗野球大会で首位打者、1989年に同大会でサイクルヒットを記録、2年連続社会人ベストナインにも選ばれる。1990年にドラフ1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。プロ野球実働5年で149試合出場、71安打、打率2割7分4厘、3本塁打、26打点。1994年の引退後はタレントに転身、テレビ、ラジオ、雑誌などで幅広く活躍している。現在、函館市「全国朝市どんぶり侍」、青森県南部町「鍋将軍」、岩手県北上市「しらゆり大使」、茨城県笠間市「笠間サポーターズ」、川崎市「川崎市民文化大使」、「田清魚店」イメージキャラクターキャラクター、埼玉県警埼草加署「犯罪抑止隊長」などを務めている。
オフィシャルブログ「パンチ佐藤の一日一膳」 https://ameblo.jp/punch-sato/

82年の歴史を持つ日本プロ野球。
さまざまな名プレイヤー活躍してきたが、記録よりも記憶に残っている選手も数多くいる。
パンチ佐藤こと、佐藤和弘もその一人だ。選手生活晩年にはあのイチローとともに、登録名も「パンチ」として90年代前半、パンチパーマの男気あふれるキャラクターにユニークな言動で人気を呼んだ。
いまはタレントとして活躍する、日本一の野球バカの生きざまに迫る!

男日本一
現役時代、イチローさんと同じ、右投げ左打ちでしたね
パンチ佐藤
小さい頃から。親父に野球を教えてもらっていたんですが、バットを振ったら、自然と左打ちだったんです。それで、右利きなんだから、右打ちで振ってみるように言われたんですが、何かヘンな振り方だったんですよ。それで、そのまま左打ちを続けてきたんです。
男日本一
イチローさんの場合、一塁に素速く向かえるように父親の英才教育で左打ちになったそうですが、パンチさんは自然に左打ちになったんですね。金本知憲、松井秀喜、青木宣親、筒香嘉智、亀井義行……最近では大谷翔平、清宮幸太郎と右投げ左打ちには強打者が多い。

このコンテンツはユーザー登録された方に限定されています。登録済であれば、ログインしてください。まだ登録されていないかたは新規ユーザー登録をしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
男性
女性
その他
 躯体職(鳶、大工、鉄筋、鍛冶等)
 仕上職(内装、塗装、防水等)
 土木職(土木関連全般)
 設備職(電気、空調、衛生等)
 管理職(現場管理等)
 その他(警備、ドライバー等)
 上記外(他業界の方もウェルカム)
喫煙する
喫煙しない
飲酒する
飲酒しない
 パチンコ・スロット
 競馬
 競輪・競艇
 スマホゲーム
 クルマ・バイク
 その他
広告 (YouTube等)
チラシ
口コミ
その他
*必須項目